メニュー

内視鏡(胃カメラ)検査

胃内視鏡とは、細い管状のカメラを口から挿入し、胃を直接観察する検査です。内視鏡検査によって、胃がんの早期発見につながることが多くあります。近年では、機器の性能があがり、苦痛も少なく、10~30分程度でほとんどの検査が終了します。

 

ハイビジョン内視鏡システム

当院では、皆さまに質の高い検査を提供するため、オリンパスの最新の内視鏡を使用しています。ハイビジョン画質の最新システムと、血管の走行を強調するNBI機能を組み合わせて検査を行います。これまで見つけづらかった小さな病変も捉えやすくなり、診断率の向上、安全な治療を目指しています。

 

検査の流れ

検査前日

夕食は、夜9時までに、消化の良いものをとってください。

水分は、検査当日、起床時にコップ一杯の水を飲んでお越しください。

検査当日

朝、食事はとらないでお越しください(朝の薬がある場合には指示に従ってください)。

検査中

ベッドに左向きになった状態で検査を行います。

検査時間は10分~30分ぐらいです。

診断を確かめるために、組織を採取したりすることがあります。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME